トラブル発生!?土地を買えるって奇跡みたいなことだった。

こんにちは。葉月いち歩です。

家の間取りや、外観・仕様などどんどん決まって行って、とうとうこの見積もりに合わせて住宅ローンの申請を、という段階だったのですが、ここでアクシデントが発生していたのでした。

現在返済中の奨学金も住宅ローンと合算して借り換えて、ローンの支払いとまとめられたらいいなと考えていたのですが、そうすると金額が大きくなってしまい、工務店の営業さんが交渉してくださってもなかなかローンの仮審査に通らなかったようなのです。

また、土地と新築する家は担保とされるので、借入可能な金額は家と土地の価値で変わってくるようなのですが、私たちは古家付きの土地にしたので、その解体費用などは担保以上に借り入れなければなりません。
担保がない分の解体費用・外構費用などを貸すことは銀行側にとってもリスクとなるので、これも審査に通りにくい原因のようでした。

「多分通りますよ」とおっしゃる営業さんと銀行の窓口の方とで交渉をしていただいて、私たちは安心していたのですが、そうしている間にも土地の売主さんと交わした支払い期限が近づいていたのです。
当然ですが売主さんの方も「本当に土地を買う気があるの?」と心配されていたようで、
審査が間に合わないなら内金として、契約時に交わした違約金分を私たちが支払うことを条件に、
審査が終わるのを待ってくださることになったそうです。

でも、審査が通らなくて土地が買えないことになったら、内金として払ったお金は違約金となって、もう帰ってきませんし土地も買えません。
すでに期限を延ばしてもらっている状況で、審査に時間がかかってしまったら、売主さんもしびれを切らして契約を私たちの過失として無しにされるかもしれない。
違約金は土地の値段の何パーセントと決まっているので、今まで払ってきた手付金などよりはるかに大金です。
怖くて不安で、お金も土地を買えるチャンスも同時に無くすんじゃないか、家なんて建てようとしたのは間違いだったのかな、とどんどん悪い方に考えてしまいます。
営業さんにも、「スムーズに審査通らないんだったら借り換えなんてこだわらないから早く教えてくれたら良かったのに」と文句を言いたい気持ちやら不信感が出てきます。不安と焦りを夫にもぶつけてしまったりしました。

でもその時夫が言ったのです。
「それでも、俺はいろんな人を信じている。みんな2人のためにいろいろしてくれた結果が今の状況だ」

いろいろモヤモヤ、ドキドキと怯えていたのですが、
でも、もう信じて審査に通るのを待つしかない。

高い内金を払わないといけなくなったこの状況も、
私たちが土地を買うチャンスを首の皮一枚で繋げてもらったものだ。

そんな思いで、私たち2人と工務店の営業さんとで銀行にローンの本審査の申し込みに行きました。
借り換えは無しで、現在の収入と家と土地の価格で、リアルなところどのくらいならスムーズに審査が通りそうかなど相談して、申し込むことに。

窓口の方も、いろんなことをすごい速さで計算しながら相談に乗ってくださったあと、
「お急ぎだと聞いていましたから、銀行の方でもすでに準備をすすめています。4日後には結果がほぼ出せますし、その後すぐに手続きにも入れます」
と言ってくださいました。
もう安心してありがたくてたまらなくて、銀行の窓口で涙をこらえるのがやっとでした。

不安な気持ちに任せて営業さんに「大丈夫って言っていたのにどういうこと!?」なんて言わなくて本当に良かった。銀行の方も親身になってくださっていた。夫の言葉は正しかった。

お金があれば何とでもなる普段の買い物とは違い、土地や家という大きな買い物は、素人の力だけでは分からないことが多すぎてどうにもできません。
書類の準備も、ローンのことも、土地選びも、家の設計も、自分たちではできません。
土地だって売主さんが売ってくれないと買えないし、お金があればなんでも上手くいく訳じゃなくって、いろんな人の協力や厚意があって初めて安心して大きな買い物ができるのだと今回のことでそんな風に思うようになったのです。

一度「もしかして土地買えないんじゃないか」という状況を経験したことで、
「土地を買える」ということがいろんな人の厚意の上にようやく成り立つ奇跡みたいなことなんだと思えるようになった出来事でした。

1 Comment

とうとう土地の決済の日。当日の動きは? | うちふく暮らし。

[…] 先日、とうとう契約していた土地の決済が無事に済みました。 ローンの審査が遅れて、トラブルになりかけた?(→売主さんと顔をあわせて、最後の手続きを銀行でするのですが、なんとその日夫がどうしても仕事で同席できず一人で行ってきました・・・(T▽T)あぁ緊張しました。 […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です