とうとう土地の決済の日。当日の動きは?

こんにちは。葉月いち歩です。

先日、とうとう契約していた土地の決済が無事に済みました。
ローンの審査が遅れて、トラブルになりかけた?(→トラブル発生!?土地を買えるって奇跡みたいなことだった。)売主さんと顔をあわせて、最後の手続きを銀行でするのですが、なんとその日夫がどうしても仕事で同席できず一人で行ってきました・・・(T▽T)あぁ緊張しました。

夫が銀行で担当の方に確認してもらいながら、事前に全て必要な書類を記入し準備していたので、当日私は立ち会うだけということだったのですが、
「本当はあなた方にはもう売りたくなかったんだけどね!」
「若いのに背伸びするからローン通らなかったんじゃない?」
とか嫌味言われないかな?怖い人かな?とかなり緊張。悪い妄想が膨らみます・・・。

でもなぁ、私たちだってそりゃあのんきにしていて悪かったけど・・・
あまり状況を知らされないまま営業さんの「大丈夫だと思います」を信じて任せていた結果がこれだし、
失礼なことしたくてした訳ではないのに・・・
と何だか完全に私たちの落ち度にされるのも納得いかない気持ちもあります。
「この時期にはここまで手続きが進んでいないと決済が間に合わない」とか営業さんは分かっていたはずですし・・・(ぶつぶつ)

と不安のあまり、消えたはずの不満やら言い訳がふつふつと湧いてくる・・・!笑

でも、私が欲しいって言い始めた家、
せっせと間取りを考えた家、
夫が大きな責任を背負いながら守ってくれる家、
なのにこれくらいの小さな責任も果たせないでどうする!!と覚悟を決めて行ってきました。

銀行に集まるのは、
・土地の売主さん
・買主(代理の私)
・司法書士の先生
・仲介した工務店の担当さん
で、最後に売主さんに土地を販売する旨の書類に判をいただいて、
司法書士の先生が手続きに問題がないことを確認し、その場ですぐにお金が動きます。

銀行から借りるお金が、買主の通帳へ入る

①そのまま売主へ土地代金の振込
②仲介業社へ仲介料の振込
③司法書士さんへ現金を引き出しての支払い
この3つのお金のやり取りを、銀行が全てやってくれます。
(手数料はかかりますが、確実で安心です。)

領収書を3者から受け取る(古家の鍵も一緒に)

この銀行での入金や振込などの手続きを待つ間、司法書士さんから説明を聞いたり雑談したりして待つのですがその時間が最初は不安で不安で・・・

ですが、工務店の担当さんや司法書士の先生が上手く会話をつないでくださって、あと売主さんも想像していたのと違って優しい方で、とてもホッとしたのでした。
あと、お世話になった銀行の担当の方がすごい速さで振込などを終わらせてくださって、待ち時間もとても短く済みました。ほんとうに感謝です(T▽T)

私からも約束の日を守れなかったこと、申し訳ありませんでしたとお詫びができて気持ちが楽になりました。
初めはあんなに言い訳ばっかり浮かんでいたけど、誰かのせいにしたい気持ちも消えて堂々と謝罪ができて良かったです。

全て自分たちのしてきたことの結果だって思えたほうが、なんか腹が据わるというか立ち向かって行けるものですね。
そんな気持ちになれたのも、売主さんをはじめ関わっていただいた方のおかげかな、と思います。あとはどんな状況でも冷静で人を責めなかった夫のおかげです。

こうして、私の感覚ではなんとか円満に、気持ちよく決済を終えられたと感じています。
遠いところから来てくださったのに、お菓子でも持っていけばよかったなぁとか今となってはいろんなことも思いつきますが、
当日は自分には見えないところで大金が動きますし、気づけば土地が自分のものになっているような不思議な感じで終わります。

土地の売主さんに合う機会はおそらくその日しかないので、できるだけ後悔のないように気持ちよくご挨拶して大切な土地を受け取れるのが理想的ですね。

こんな感じで、私たちの土地決済は無事に終わったのでした。
これから古家の解体等に入って、いろんなことが進み始めると思われます。
楽しみでもあり、すこし緊張もあり・・・です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です