そこは意識してなかった~!下調べが足りなくて打ち合わせで焦った箇所。

こんにちは。葉月いち歩です。

打ち合わせのとき、こだわり屋の私はできる限りなんでも前もって調べて、
「こうしよう」と大体結論を出した状態で行くようにしていました。

・間取りはどんなのがいいか?
・フローリングは何がいいの?
・壁材は?
・屋根の勾配は?
・家の配置は?方角は?
ありすぎて書くのが恥ずかしいぐらいいろいろ・・・笑

思いつく限りの家に関することを何でもかんでも調べて、方向性も大体決まっている状態で、
初めて工務店に行った日に練りに練った自作の間取り図と完成イメージ画を見せてしまうほどでした。

そんな感じだったのですが、いくつかの箇所は意識からすっぽり抜け落ちて、
打ち合わせで「どうされますか?」と聞かれて初めて
「おぉ、これも私たちで選ぶのか!」
とすこし焦りながら、あまり下調べや検討する間がないまま選ぶことになってしまいました。

そんな、意識していなくて検討がしきれなかった、小さな後悔ポイントを紹介したいと思います。

①軒天と破風

軒天は、屋根の下に入って見上げた時に見える、屋根の裏側のことです。

画像引用:軒天の塗装方法・単価・塗料・DIY・色選びまで全解説

破風は、言葉では説明しづらいですが画像の部分です。

画像引用:破風板の意味や定義 Weblio辞書

その軒天と破風も色が選べるとなった時は「どうしよどうしよ」とオロオロしてしまいました。笑

破風は壁の色に合わせるといいとか、軒天は明るい色の方が空間が広く見えるとかアドバイスをいただいてなんとか選ぶことができました。

設計士さんのおかげで私たちの家に合った選択が出来たと思うので、色のチョイスについては全く後悔していないのですが、
後から気になって調べると

あえて破風に濃い色を選んでアクセントにしたり、
軒天を暗くすると重厚感が出たりという効果もあるとか、
軒天を濃くすると釘の白っぽい色が目立つので釘の塗装も必要になり、オプション料金がかかるとか、

検討するポイントがいろいろあったことが分かり、
「ここも重要ポイントだったのか~よく調べておけばよかったなぁ」
とちょっと惜しいことしたような気持ちに。(^_^;)

②巾木(幅木)

床と壁紙の継ぎ目を覆う、木の板の部分です。

画像引用:巾木って何?巾木で部屋オシャレにするための5つのポイント

これも完全に決め方が分からず、どうしたいのかも分からずでした。

・床の色に合わせるか
・壁の色に合わせる
という選択肢があって、

イメージとしては床と巾木が濃い色だと重厚感、
壁に合わせると部屋にすっきり感が出るような感じでした。
巾木が木の色だと、ナチュラルな感じにもなるそうです。

サンプルの中に床の色に近いものがあったので、私たちはそれを選びましたが、これもしっかり調べて検討するのは楽しかっただろうなぁと小さな後悔ポイントです。

もっとこだわるなら、
・巾木の幅を小さくする
・素材を変える
などの選択肢も世の中にはあるようで、実は奥が深いんだなぁ~と思った箇所でした。

③窓の膳板

画像引用:木質建材・建具用語集

窓の内側の下枠の部分で、窓枠の色とはまた別に色を選ぶことができました。

窓枠は白だけど、膳板だけは木の色にして、なんかナチュラルな感じになりそうです。

後悔ポイントとして書いておいてなんですが、
この膳板については、「これ知らないの普通でしょ」って思えるぐらい初めましてな情報だったし、
「もっと調べておきたかった~」みたいな後悔は全くなかったです。笑

④給湯器の種類

賃貸生活からは「ガスと電気から自分で選べる」という発想が生まれず・・・いざ選ぶとなると迷いました。
「次回の打ち合わせまで保留に」と時間をいただいて、一週間でせっせと調べ悩み苦しみ・・・笑
結局標準仕様の給湯器に落ち着くことに。

給湯器も迷う。電気のエコキュートかガスのエコジョーズか。

⑤テレビアンテナ

家を立てたらアンテナ立てないとテレビが見れないって、私そんなこと何にも考えていなかった~!
テレビ線に繋いだら見れるもんじゃないのですね。

あの魚の骨みたいなアンテナを屋根に立てるのか。
もっと目立たない方法はないのか。
回線を引いて、有料放送も契約して見れるようにするのか。

これも、全然決められなくて時間をもらい、2人でひたすら情報収集です。

・使っている携帯会社のテレビ回線は私たちの住所には対応していない。田舎だから?泣
・テレビ回線を契約すると月々の料金がかかる
・壁付け用の骨型ではないアンテナがあるけど、受信がちょっと弱い可能性がある
・アンテナは一度建てるとその後月々の費用などはいらない

などなど調べていくうちに、最初は嫌だな~と思った骨型アンテナを選ぶことに。
お金のこと、安定した受信など考えるべきポイントがようやく見えてきて、
それらもふまえると、骨型が一番安心なようだったのです。

下から見上げてもアンテナは見えにくいものだという設計士さんのアドバイスにも納得です。

こんな感じで、「調べておけばよかった~」と思いながらでも、
設計士さんにアドバイスをもらえるし結局はちゃんと後悔なく選べたので大丈夫だったのですが、
ある程度調べたり方向性を決めておけるとより安心だったなぁ、と思います。
いろんなことを知っている上で検討するのは楽しいし、選択に自信も持てますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です