ローコストの注文住宅ってどう?良かったことと苦労したこと。


こんにちは。葉月いち歩です。

家づくりを考え始めたとき、大手のハウスメーカーも何件かまわってみたのですが、最後に私たちが選んだのは、ローコストをうたっている地元の工務店でした。

すでに理想の家像が頭に浮かんでいた私たちには、大手のメーカーよりも工務店の方がしっくりくることがたくさんあったのです。

今日は、ローコストのメーカーで家づくりを経験した中で、良かったなと思うことや苦労したことをまとめてみたいと思います。

ローコストの注文住宅で良かったこと

①営業が強引じゃない

大手のメーカーに行った時は営業マンの方がなんだか必死な印象で、家への訪問や頻繁な連絡にちょっと疲れてしまったりしてあまり具体的に話を進めたい気分にはならなかったのです。

それに対する方針なのか、ローコストを掲げる会社はなぜかチラシなどに「無理な勧誘はしません」と書いてあったりします。
(私の地域の工務店だけでしょうか・・・?(^_^;))

②坪単価が安い

大手のメーカーでは、坪単価80万円とかぽんっと言われてしまったりしました。

まだ間取りもやりたいことも相談してないし、これ何か追加で頼んだら値段ここから上がるの!?無理!と不安に。

工務店ではなんと半額の40万円で、オプション料金を払うことになってもいくらかは余裕があるなぁと思えました。

実際、私たちのやりたいことを叶えていくとオプション料金はその都度上がって行きましたが、もともとの坪単価が安かったのが大きくて予算オーバーにはならずに済みました。

屋根の勾配上げて、ドーマーつけて、床は無垢にして・・・とめちゃくちゃオプションを増やして好き勝手やったと思っていますが、同じ広さの家を大手の坪単価80万円で建てるよりも安くなってます。

なので、同じ金額を払ったとしても、ローコストメーカーで建てた家の方が広かったり充実していたりするのではないかな?と思います。

何をするにも大手より良心的な価格がついていると思います。

③自由度が高い

調べていたところ、大手のメーカーの自由設計は、ある程度間取りがが決まっている中でのアレンジに近いようなものがあるみたいです。

たくさんの間取りから好きなのを選ぶタイプもあるんだとか・・。

それから、大手のメーカーは独自の屋根材や外壁材を開発していて、そのメーカーで建てるならそれを使うのが当たり前みたいな雰囲気もありました。

しかし、私は屋根裏部屋付きの間取りやら外観をを自分で考えて行くぐらい「自分で決めたい!」という気持ちが強かったので、それがちょっとしっくりこなかったのです。

工務店ではその間取りをオプション料金をかけることなくほぼそのまんまの形で建ててもらえました。

屋根の色も外壁も希望を伝えて、カタログもいろんな会社のを見せてもらえましたし、工務店の自由設計は本当に自由だったな~と思います。

またオプションもつけたり予算を見て削ったり、細かく対応してもらえたのも大きかったです。
予算や好みに合わせて、とにかく自由になんでも伝えられたのは、工務店ならではじゃないかなと思います。

④家の性能も問題ない

家には耐震や気密など基準が決まっていて、どこで建てても必要な基準はちゃんと満たしているのが当たり前なんだそうです。

その上で、メーカーごとに窓や屋根材、工法などを開発して、より性能のいい家づくりを売りにしている所もあるようです。

そのため、ローコストだからといって弱い家とかそんなことはなく、業界最高の性能とまではいかないけど必要な基準はきちんと満たした家だと考える方が合っているようです。

最高ランクの性能などは求めていない、ちょうど良い予算と自由さが欲しい私たちには、ローコストのメーカーはぴったりだったと思います。

ローコストの注文住宅で苦労したこと

①希望の家を建てるにはかなり勉強が必要

素人である私たちが「これがしたい」という何かを見つけて、それを伝えるには相当の情報収集が必要でした。

間取りのこと、吹き抜けのこと、将来の介護に必要なこと、方角のこと、季節による太陽の高さ、窓の種類、床材、壁材、土地のことなどなど、

「これがいい」って伝えるには、それを選ぶまでの勉強が必要なのです。

どんな選択肢があるか知らないままではなんにも選べないし、それがどんなものなのかも知らないと選べないのです。

また、希望をうまく伝えるために、今まで書いたこともない絵を書いてみたり、写真や切り抜きを用意したり、とにかくたくさんの準備が必要でした。

自由に何かを生み出そうとするのはとても大変なことです。好きなものを選ぶための勉強、伝えるための努力、重要視するもののすり合わせ、これらを根気よくやっていくのは、楽しいですがかなり苦労したことでした。

まとめ

こんな感じですが、苦労したことなんてひとつだけで、私たちにとっては良かったことの方がたくさんあります。自分たちにぴったりの、完全オーダーメイドの家づくりを、予算内で叶えられたことが何より嬉しいことなのです。

こだわりが強かったり、とにかく自由にやってみたい!そんな時はローコストのメーカーで、オプションを充実させる家づくりも一つの方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です