一緒に料理がしたいから!選んだのは壁付けL字キッチン。そのメリットとは。


こんにちは。葉月いち歩です。

今住んでいる賃貸の部屋で、最も不便に思っているところといえば・・・我が家の場合はキッチンです。

イメージ画像のような、コンパクトな壁付けのI型キッチンなのですが、
何が不便なポイントなのかというと、

・食卓とキッチンとの間が遠くて料理が孤独!運ぶのもしんどい!
・頭上の収納棚に手が届かない!なのに夫はその扉で頭を打つ・・
・収納が少ないから、後ろにカウンターを置かないと必要なものが置けない。
・2人で料理しようとすると通路が狭くて場所の入れ替わりが危ない。

とこんな感じで、キッチンとカウンターに挟まれた狭い通路の中にこもって、1人孤独に料理をしたり、2人でせせこましい思いをしたりしています(^_^;)

そんな不便とはさよならし、夫と話したりテレビも見たりしながら、スペースにもゆとりを持って料理が出来るように、新しい家に選んだのはL字のキッチンです。

そして、1辺だけを壁に付けて対面にする方法もあるけれど、部屋の角にぴったりとはめた壁付けスタイルに決めました。

今日はそんな壁付けのL字キッチンの良いところについてお話ししたいと思います。

壁付けL字キッチンのメリット

①収納・調理スペースが広い

シンクとコンロの間のスペースも大きくなりますし、収納も大きく広々としています。

コンパクトなキッチンは水切りかごやまな板を使う場所だけでいっぱいですが、使う材料をまとめて出しておいたりできた方が料理しやすいですよね。

さらに小さめの家電まで置けるのもいい感じです。
(これは壁付け・対面関係なくですね)

②リビングのスペースを有効活用できる

壁付けのL字キッチンの場合、すぐそばにダイニングテーブルを置くことができます。

そのためL字の大きなキッチンにも関わらず、キッチンとダイニングテーブルを合わせた必要面積は最も小さいのではないでしょうか。

それは、テーブルとキッチンの間のスペースを、料理中は通路として、食事中は椅子を出して座るスペースとして、場面に応じて用途を変えて有効に使えるからだと思います。

さらに、料理中はテーブルを作業台替わりに使うこともできるので、大きなカウンターを作らなくても広い作業スペースを確保できるのも大きいです。

対面型のキッチンでは、通路と座るスペースを兼ねて使うことは難しそうですし、カウンターとテーブルはおそらく別々になっているでしょう。

なので、通路やテーブルに場面に応じて複数の役割を兼ねさせられること、これは壁付けならではのメリットかなと思います。

③コミュニケーションが取りやすい

すぐ近くにダイニングテーブルがあってそこに人がいれば、たとえ料理で背中を向けていても話はしやすいです。

さらに、L字の場合シンクにいる時とコンロ前にいる時で90度向きが変わります。

また料理中シンクやコンロに張り付くように作業することってあんまりなくて、物を取ったり運んだりといろいろな動きをしますから、ある程度いろんな方向が見られます。

なので、声の届く距離に人がいてくれれば、料理の合間に顔を合わせることもそんなに難しくはなさそうです。

④2人で料理しやすい

対面キッチンは、料理中に家族がキッチンの外にいるという前提で作られているんじゃないかと私は思うのです。

でも、夫婦2人の生活で、料理の時に2人いるのなら2人で料理がしたいではありませんか。

その時に、このように通路の奥が行き止まりでは作業がしにくいのです。


この画像では通路は広いのでそこまででもないと思いますが、
ゴミを捨てたりご飯を盛ったり、冷蔵庫を開けたりするために、
通路で入れ違わなくてはいけないのは、大人2人ではちょっと負担です。

相手が危なくないように、刃物や熱い鍋などかなり気を使いますしね。

配膳が楽な上にテーブルの周りをぐるっとまわって移動ができるL字キッチンは、複数人で料理をするときにもストレスフリーで動き回れるでしょう。

⑤キッチンのデザインを活かせる

壁付けのキッチンは、ワークトップと呼ばれる作業台の色や、扉のデザイン、置いてあるものが全てよく見える大変開放的な雰囲気です。

そのため、デザインや色などにこだわった場合は、それをしっかりと見せることができますし、キッチンのデザインが部屋の雰囲気を大きく左右します。

我が家はウッドワンというメーカーのデザイン性のある無垢のキッチンを選んだので、対面に配置してデザインを隠してしまうよりも、見せた方がその価値を発揮するだろうと予想しています。

⑥コンロを安心して使える

コンロの油ハネなどは、部屋に向かっているよりも壁に向かっている方が安心ですし、対面キッチンであってもコンロ前だけは壁になっていることも多いと思います。(さっきの画像の対面キッチンでもそうなっていますね。)

コンロの横や前面がオープンだと、近くにいる人がもしもうっかり熱いものに触れてしまったらという心配もあるでしょう。

壁付けのL字キッチンであればコンロの横には家電や棚などを置くでしょうから、火のそばを人が通ることもなく、自分の体でコンロをおおう形で料理をするので気分的に安全な感じがします。

また、キッチンのすぐそばで食事をするので、火の消し忘れがあっても見えやすいです。

このようにコンロを使うのに安心感があるという点も大きなメリットですね。

⑦窓をつければ外の景色を見ながら料理できる

シンクの前などに窓があれば、明るく開放的なキッチンになりますし作業中も気分がいいです。

朝の薄明るい感じとか、夕暮れに空があかくなっていく様子など、時間の経過を感じやすいのもなんだか素敵じゃないですか?

窓辺で何か育てるのもいいですし、そんなふうに誰かが毎日せっせと使っているキッチンの様子は、部屋に暮らしの温かみを与えるなぁと感じています。

まとめ

こうして見てみると、対面のキッチンと比べて何となく寂しい印象のあった壁付けキッチンですが、L字のものであればメリットがたくさんありますね。

作業のしやすさと家族のコミュニケーションを同時に叶えられるキッチンとして、我が家で大活躍するだろうなと楽しみにしています。

最後になりましたが、どんな良いものでもいくつかはデメリットもありますよね。そちらについては、次の記事で書いてみようと思います。

それでは、今日もおうちに福がありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です