和室か畳コーナーか。それぞれのメリットデメリットを比較する。


こんにちは。葉月いち歩です。

間取りを考えるにあたり、1つは畳の部屋が欲しいな、とこれもいろいろ調べてみました。
ふすまで仕切る昔ながらの和室は馴染みがありますが、リビングの一部に仕切りのない畳コーナーを作る新しい選択も最近は増えているようです。

私たちにはどっちがいいだろう?とそれぞれ特徴を整理するとこんな感じです。

和室のメリット・デメリット

メリット

〇玄関から入れるようにすれば応接間として使えるので、リビングが散らかっていても慌てなくていい。
〇お客さんの泊まる部屋として使える。
〇広ければ大勢お客さんが来ても大丈夫で、家での法事等には必須
〇子どもの遊びや昼寝、洗濯物を畳むなど普段の生活スペースとしても使える。
〇何より落ち着く。

デメリット

△洋風の家の雰囲気と合わせるのが難しい
△リビングから離れているなど、場所によっては普段の生活であまり使わない可能性がある
△部屋として使うにはある程度の広さが必要になり、ほかの部屋を小さくしなければならない可能性がある。

畳コーナーのメリット・デメリット

メリット

〇子供の遊び、ごろ寝、洗濯物たたみやアイロンがけ等いろんな使い方ができる。
〇リビングの中にあることで、気軽に使える。
〇小上がりにすれば腰掛けたり、収納スペースを作ることもできる。
〇2~3畳程度のコンパクトなスペースでも作れる。
〇やっぱり落ち着く。

デメリット

△プライバシーはあんまりないので、お客さんの寝る部屋としては落ち着かないこともある。
△洋風の家との合わせ方はこちらも難しい
△狭いと使う用途は限られる

私たちは畳で何がしたいのか?

・ごろ寝しながらテレビが見たい。
・洗濯物を畳んだりアイロンがけするのは畳がやりやすい。
・お客さんを泊める場所にしたい。
そして、
・高齢などで動くのが難しくなったら、リビングにある畳スペースで寝起きしたい。(そうすることで、お風呂やトイレ、食事も最小限の移動で完結できる。また見守りのしやすさや外の景色もリビングが一番いい。)

結論:向いているのは畳コーナー!

こうしてみると、私たちはあまりお客さんについては重要視していなくて、普段の生活の快適さや将来の安心を大切にしたいのだと分かってきました。

そんなに大勢のお客さんをお迎えすることもないし、招くとしたらたとえ散らかったリビングであろうと見せられる関係の人だろうな。

泊まりに来るほどのならそんなに気を使う間柄でもないので、目隠しだけ何か考えたらリビングの畳コーナーで寝てもらっても大丈夫でしょう。

ならば、私たちには部屋として独立した和室よりも、リビングの中に畳コーナーを作るほうが合っています。

ちょうどいい大きさの畳コーナーを作るべく、さらにいろいろ調べてみることにしたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です