古家付き土地のメリットとデメリット。


こんにちは。葉月いち歩です。

「ここに家を建てたら、きっと一生ワクワクして暮らせる!」と私たちが一目惚れした土地は、
「古家付き」でした。

最初は、その値段の安さもあってラッキー!と感じていたのですが、家づくりの予算などの打ち合わせやローンの手続きが進んでくると、古家付き土地ならではの苦労も分かり始めて、いろいろ学ぶことがありました。
そんな古家付き土地のいいところも、苦労したところもまとめてご紹介したいと思います。

古家付き土地のよかった所

〇土地の値段が安い

解体費用を買主である私たちが負担するので、その分は値引きした状態で販売されていました。
また、数十万円値引きをできないか仲介業者の方に交渉していただいた所それも受け入れていただき、
土地自体の値段は古家なしの土地よりかなり安くてありがたかったです。

〇今建っている家の配置を参考に出来る

古家がどんな形で、土地のどこに配置されているのかを参考にすることで、家の大きさのイメージがつかみやすかったです。

私たちの前にお家を建てられた時も、きっと日当たりや土地の形を計算して配置をされていたでしょうから、その情報が形として残っているのはちょっと心強かったです。

〇ライバルが少なく済んだ

古家付きとなると、土地の販売情報を見ていてもちょっと敬遠してしまうことが多いのではないでしょうか。
私たちもこの土地を見るまではそうだったので・・・

そんな敬遠されがちな古家付きだったからか、私たちに出会うまで他の人に買われることなく残っていてくれました。見つけた時には他のライバルがいませんでしたし、焦ることなく購入を検討することができました。

古家付き土地の苦労したところ

△ローンを借りる時の、担保としての役割がちょっと弱い

土地の価値としては古家なしの場合より少し下がってしまうので、土地を担保に借りることのできる金額は少し下がってしまいます。

例えば1000万円の価値のある土地を買うために1000万円を借りるのは比較的簡単みたいですが、
800万円の土地を買うために200万円の解体費用も含めて1000万円を借りるのは、同じ金額でもちょっと難しくなるそうです。
そういう時は収入などほかの要素で担保の不足を補えたり、ローンの金額そのものを減らしたりしないといけないみたいです。

△外構費用・地盤改良の費用が概算のまま契約と打ち合わせが進む

家の構造や設備のお金は、いろいろ決めていく中で正確に計算してもらえるのですが、
地盤については古家を解体してみないと調査ができない上、外構の計画も正確にはできないそうです。

なので、「外構と地盤改良が必要な場合、このくらいあれば大丈夫でしょう」という大体の見積もりを家の予算として打ち合わせを進めます。

正確な地盤改良の費用がわからないままの打ち合わせには、やっぱり少し不安がつきまといます。

もし、建物の予算を削りに削ったのに、地盤がしっかりしていて改良の費用がいらなかったら
「建物にもう少しお金かけたかったなぁ・・・」と残念な気持ちになるかもしれないし、

もし、万が一地盤がゆるゆるだったりしたら
「予算が足りない~!!」と大パニックになるかもしれないし。

なので、予算の許す限り希望していることは叶えて、
「地盤改良いらなくてお金ちょっと残ったラッキ~!」
となれるようにちょうど良く計画していくよう頑張りました。

△解体後の工事なので、工事期間が長くなる


土地を買った頃は間取りなどもまだ決まっていないので何とも思いませんでしたが、いろんなことを決め終わって家が建つんだなと実感したら、家が建つのがもうめっっっちゃ!!楽しみになります。笑

そんな気持ちになるので、工事期間が伸びるのは意外と大きなことかもしれません。
それでも私たちはあの土地以外ありえなかったので、はやる気持ちは抑えゆっくりと完成を待ちたいと思います。

多少苦労したり、不安なこともありながらの古家付き土地の購入でしたが、そのデメリットも乗り越えられないほどものではありませんでした。
その最も大きな理由は、「その土地がものすごく気に入っていたから!」です。
(あとは、工務店の建築費が良心的だったことと、夫がローンに通ってくれたおかげです。(T▽T))

気になる土地がもしも古家付きだったら、「デメリットも受け止められるくらい気に入っているかどうか」が判断のポイントになるのではないかな?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です