着工式が終わりました。感謝!

こんにちは。葉月いち歩です。

先日、とうとう着工式の日がやってきました。
何にも勝手が分からなくてドキドキしながらでしたが、工務店の皆さんの手作りの小さな式に暖かさがあふれていて、とても素敵な思い出になったのです。

着工式前に、上棟の時に使う飾り物に、私たちの苗字を書いたり、
まだ柔らかい漆喰を塗ったボードが用意されていて、私たちの手形を付けて記念品を作らせていただきました。
もうそれだけで十分嬉しかったのですが、そのあとから着工式が始まります。

着工式の流れとしては、

施主(私たち)着席

乾杯

担当の営業さんや設計士さんから一言

施主(夫)から挨拶
続いて夫から私へ、サプライズで一言
(知らない間に、夫に私へあてて手紙を用意するように声をかけてくださっていたみたいで・・・
しかし夫は「手紙は頭の中にある」と字を書かず。笑
驚きと緊張と夫の自由さが面白くてあまり感動はできなかったのですが、とても嬉しかったです。)

ケーキが出てきて食べながらお話
(これもサプライズでのおもてなしでびっくりでした!)

花束を頂く
(さらなるサプライズです!恐縮!!)

こんな、心づかいが盛りだくさんの式をしてくださってとても幸せな気持ちになりました。
「あぁ、これから家が建つんだな、ありがたいな」
と、今までのたくさんの打ち合わせが一区切り着いたのを感じました。

こんな素敵な着工式のなんたるかを知っていたら・・・!
工務店の方々にも夫にも、お礼を言いたいのは私の方です。

私のこだわりや好みを理解して付き合って、たくさんの要望を叶えてくれた若き天才設計士さんに手紙の一つも書きたかったなぁ~。渡せるいい機会だったなぁ~。

私も夫にお礼言いたかったなぁ~!

何かみんなで分けてもらえそうなお礼のお菓子とかあればよかったなぁ~!

そんな気持ちになるような、とても素敵な着工式でした。
これから着工式を迎えられる方には、ぜひ感謝を伝える機会とされることをおすすめしたいです。

今後も上棟式などまだセレモニーがありそうなので、私たちはそちらでお世話になった方にお礼を伝えていくことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です